病院の受付は苦情受付係・・・

医療事務を一言でいうと接客業でもあります。患者さんからの苦情をまず向けられるのは受付になります。

色々と厳しく言われることもかなり多いので、心の持ち方を強くして臨むことが必須です。


医療事務に関する資格は健康保険の制度等未経験者にとって難しい分野もあると思いますが、最初は比較的易しい資格を目指して通信教育等で勉強するなら、理解のポイントを紹介してくれたり、質問にもすぐに答えてもらえるのであまり不安を感じる必要はありません。


現実としては、医療事務の資格に合格しても即戦力が求められることが多く実務経験のある人が優先して採用されることが多く、簡単に仕事が見つかると言えるわけではないのです。

医療事務に合格した後は、深夜などの人が避けたがる時間帯のパート勤務を行うなどすることで実際の職務経験をつんでいき、一歩一歩待遇のよい所へ進むのが確実な方法です。もちろんチャンスがあればどんどん挑戦することは忘れずに。


医療事務資格はゼロから始める人でも専門家としての知識をマスターできる女性にとってお勧めの資格といえるでしょう。

さらに女性でも再就職を考えている主婦の関心が高いです。


医療事務資格を30才を超えて狙う人は育児等の生活変化への対応を求めている人が多いようです。

勤務時間を調整できることを目論んで就職したものの、現実の姿の格差に悩んで2・3か月程度でギブアップするというような事例が結構あります。


レセプトを理解していれば、採用されてから使える人材としてみなされるでしょう。

この他に、調剤に対する資格も処方箋を扱う薬局が増えチャンスと言えます。ドラッグストアーなどで求人が出ています。


常に求人があるクリニックなどは労働条件が良くないことが多いので近寄らないことが適切だと思われます。

又、医療事務スタッフの求人に採用されるにはともかく行動することが大きいといえます。


医療事務員の身分は医療機関内では一番下っ端に受け止められているところもあり、業務量の確認にまで注意が払われることが少ないところもあります。

その上、総合病院などでは経歴の長い先輩医療事務員のなかで役に立たない派閥間での争いもあるそうです。

ともかく、医療事務技能審査試験は医療事務の資格で最大規模であり、その受験者数は今迄に150万人以上にのぼり、医療事務の仕事への関心の高さがわかります。

しかしながら、医療事務に国家資格はなく、『医療事務』といった名称の資格も無いのです。
[PR]
by iryouzimu | 2015-08-11 01:02
<< 医療事務資格に独学で挑戦するために 医療事務の資格を取って面接に臨んだら >>