通信教育で医療事務資格に挑戦する魅力とは

医療事務の通信教育は、仕事や学校が休みの日などに自分のスピードに合わせて学習を進められることがなによりも魅力です。

課題提出では自分のウィークポイントをチェックすることができ、また講師からの直筆メッセージはモティベーションUPにつながります。


採用面接では資格を持っているかよりPCが操れるかがキーポイントなのです。

最低レベルとしては、ソフトの起動・終了ができる、ネットで検索ができる、エクセルで表を作れる、と言うレベルでOK。


医院での正規雇用に狙いを絞ってしまって働き口を見つけられないより、先ずは派遣登録して医療事務の経験を積み上げるのも間違いない作戦です。

話がそれますが、派遣社員で社保に全て加入するのであれば、給与引き以外の会社負担もあるため貴方のとり分は3割程度差し引かれているのか一般的といえます。


概して医療事務は保険の体系など初心者には難しい分野もあると思いますが、始めは難度の高くない資格合格を狙って通学や通信講座で勉強すれば、試験対策のこつをレクチャーしてくれたり、ちょっとした質問もできるので心配はないでしょう。


医療事務として男性でも仕事につけるのか?

一定規模以上の病院では実態としてたくさんの男性職員がいます。

中でも夜間救急のある医療機関では男性の事務員が貢献しているのだそうです。


現実的には、医療事務資格を取ったからといって実務を行なったことのある経験者のほうが採用されやすい傾向に在るので、簡単に仕事につけるとは限りません。

資格を取得することができたら、宿直など多くの人が勤務を避ける時間帯でのパート勤務をするなどで経験を積んでいって、段階を踏んで待遇のよい所へチャレンジしていくのがお勧めです。

派遣での働き方が取り立てて質が悪い訳ではないですが、当然保籍元の会社は事務手数料等を給料より引いていますので、幾らくらいの割り合いで引かれるのか仕事を承諾する前に理解しておきましょう。

医療事務の勉強をせずに運よく就職した人が根本の知識が足りないことを痛切に感じて、資格勉強を始めるパターンもかなり増えていると聞きます。


医療事務技能検定試験などを比較的高い年齢で目指す人は家事との両立を必要としているケースが多いです。

比較的自由がきくことを求めて仕事に就いたが、就労の現実との違いに思い悩んで半年持たずにやめてしまうことが本当に多いです。

医療事務についての問題集などを見ると全く知らない用語等が次々登場します。

そのうえ独学の場合は試験情報などが入ってこないので、試験に関する情報は自分できちんと調べておく必要があります。


医療事務の資格学校等は大手医療機関との繋がりが著しく、専門学校のグループ会社などで派遣会社の経営を行なっている例があります。

医療事務員の仕事を紹介して貰ったつもりだったが正しくは人材派遣として勤めていたと言ったケースです。


実際、自分にぴったりの勉強方針は、何はさておきまずは、医科・歯科・調剤等どの資格を目的とするのか。時間はどれほど取れるか。

それに加えて、コストはどれくらい投入するのか。そうしたことを踏まえて検討すると問題ないでしょう。
[PR]
by iryouzimu | 2015-08-03 06:46
<< 医療事務とパソコンの資格どっち... 医療事務を知っていますか? >>