医療事務を知っていますか?

医療事務と言う言葉を耳にすることがよくありますし、人気の資格一位になったりしているみたいです。

しかし、正確には医療事務関係の資格の事を意味します。

関連資格がいっぱいあって、一般的なものだけで10以上も存在します。


病院の医療事務にはいじめがかなりあると聞くことがありますが、男性の医師やスタッフが近くにいる職場環境ではいじめがある確率が低いきらいがあると聞きます。

男性がいることでいじめている本人は男性職員の視線が気がかりなようです。


医療事務と言うと医療機関では一番下に考える医者などもおり、労働時間のチェックまで気をつかわれることが滅多にないところもあります。

はたまた、大病院では古くからの医療事務員のあいだでくだらない派閥の競り合いもあるそうです。


求人条件では医療事務取得者よりパソコンが操作できるかがキーポイントなのです。

どれくらいかというと、ソフトの起動・終了ができる、ワードで簡単な文章を作れる、メールソフトが使える、くらいの基礎レベルで大丈夫です。


医療事務技能審査試験の資格試験を受ける人は昭和49年度からの約40年で150万人を超え、医療事務に就きたい人の多さがうかがい知れます。

だけれども、医療事務関連の資格はすべて民間の認定資格であり、『医療事務』といった名称の資格自体もないのです。


仕事を探し出すのは正直言って容易ではないです。

働く時間の対応ができる。

老人が大半を占める社会で需要が高まっている。

といった宣伝で誘われ、奥さん方が大量に求人への応募をやってるのです。


通信教育講座で送られてくる教材はこれからスタートする人向けにかなり丁寧に説明等がなされており、思った以上に楽に試験勉強を始めることができるでしょう。

教本の内容もつまづきが少ないよう、単調な暗記学習でなくしっかりと読んでいけば勉強が進んでいきます。


たえず求人が出ている小規模な病院は就業環境が疑わしいのでさけておくことが賢明だと言うことが出来ます。

医療事務の職を得るにはタイミングや運も大きいと思います。


医療事務といった資格は公益法人やNPO団体、学校法人が運営している医療事務についてのいくつもの資格を纏めてそう呼んでいます。

スクールや通信講座を比較する場合は、その学校の口コミや評判だけでなく、医療事務のどの資格試験を狙えるのかも調べる必要があります。


窓口は女性が担当し、裏方の部門で男性の事務スタッフが業務に就いていたり、医療事務の取りまとめは男性のベテラン医療事務員だったりする医療機関もあります。

最近では医療事務を学んでいる男の人が多くなっているみたいです。


ともかく、これから始める人は難易度が比較的低い資格を受験するのが良いです。

難しくない部類の資格とは、医療保険士認定試験、医科2級医療事務実務能力認定試験、メディカルクラーク等です。
[PR]
by iryouzimu | 2015-08-01 10:53
<< 通信教育で医療事務資格に挑戦す... 医療事務専門学校と就職サポート >>