病院側の気持ち

仕事をしたいなら長期間働きたいという事を必ずPRしましょう。

雇う側は確率として長期間勤めそうな20代をより多く採用したいというのが実際の考えです。


新語・流行語大賞でも人気がある株式会社ユーキャンの医療事務の資格講座は技能認定振興協会の医療事務管理士技能試験という名の資格合格が目標になります。

医療事務と一言で言っても結構な数の資格が存在します。


医療事務能力検定試験など医療事務に関する資格は、これから始める人にも1から実務で活かせる知識が修得できる一生使える資格といえるでしょう。

更に女性の中でも再就職を狙う20代後半から30代の人から注目されています。


専門学校の医療事務講座に通うと「先生の教え方」に満足するでしょう。疑問点に現実の勤務環境を想定して分かり易く説明してくれるので、本では気づかないポイントも勉強することができます。


医療事務の資格の広告には多くの良い話が挙げられています。

・結婚後も継続できる。

・今後の高齢化社会において需要が増える仕事であり、将来性が素晴らしい!等など 

資格をとったのだが、仕事に就けない。と困ることはないのだろうか?

医療事務員の中での嫌味よりナースが怖いといった話を結構聞きます。

看護師は国家資格を持っており尊大で勝気な性格。

親しみやすい人もいるでしょうが、「医療事務は資格要らないでしょ」という様なさげずむような人がいるのも実際の職場のようです。


医療事務の知識を全く持たずに医療事務として働き出した人が、初歩的な理解が足りない事を感じて資格の学習をはじめるパターンも増加してきているようです。


医療事務のポジションは医療施設内では小間使いのように受け止められているところもあり、こなしている仕事量の把握まで気を留められることが僅かのところもあります。

さらに、大規模医院では事務員の中でしょうもない派閥の競り合いもあるそうです。


自分に適した勉強の仕方を選択する為には、はじめにどういう資格試験をターゲットにするのか。

次いで、学習時間は如何ほどか。

そして、必要な経費として幾らくらい投入するのか。それらを目安にして最終決定すると間違いありません。


医療事務員の間でいじめが少なくないと聞きおよぶことがありますが、男性職員が一人でもいる場合はいじめはおこらないきらいがあるそうです。

男性スタッフが傍にいるといじめている側は男性職員の視線が気がかりなそうです。


レセプトチェックのセミナーなどは、就労後出来る同僚として力を発揮できるでしょう。

そして、調剤事務に関する知識は調剤併設の薬局が増え多く求められています。

総合病院などでも就職できます。


医療事務という資格がありますが、実は財団法人、学校法人といった民間が運営している医療事務関連の多数の資格試験を総じてそう呼んでいます。

専門学校等を検討する時は、その講座の評判だけでなく、どの医療事務資格を受けることができるのかも把握しておくことが大事です。


現実には、よく言われることとして医療事務は保険の仕組みなど全くの素人ではやっかいな部分もあると思いますが、先ずは初心者向けの資格を目指して通信教育などで受講すれば、理解するためのテクニックを指導してくれたり、質問ができるので心配することはないです。
[PR]
by iryouzimu | 2015-07-27 05:44
<< ユーキャンで医療事務資格に挑戦!? 就職情報のチェック >>